• 30代のファッションで、キレカジを上手く着こなすとカッコいいかもしれないですね。

    キレカジ系をうまく着こなしたいけど、どんなアイテムを揃えればよいか分からないという人もいますよね。それならば、キレカジ系メンズファッションに欠かせないアイテムをまずは揃えてみることをおすすめします。
    まず、カットソーや襟付きのシャツ、ニットなどのトップスに、ジャケットを羽織り、チノパンやストレッチパンツなどのボトムスが鉄板アイテムになります。
    冬は暖かいアウターとして、ファー付きのダウンジャケットやPコートなどが活躍します。靴は、レザーやスウェード仕様の、ブーツやローファーなどになります。

     

    他にも、アンサンブルニットやポロシャツ、カットソーに羽織るカーディガンやベストなどのアイテムも揃えていくと、コーデの幅も広がります。

    アイテム選びのポイントしては、体のラインが極力スリムに見えるもので丈はやや短めかジャストサイズ、デザインはシンプルなものがコーデしやすいと言えます。

    カラーは黒やネイビー、濃茶などのシックな色合いでまとめたり、春夏なら薄ピンクや白、ベージュなどの色を持ってくると爽やかなイメージになります。
    無地のものがベースになりますが、あまり奇抜になりすぎなければ、ストライプやチェックなどの柄もワンポイントになるので、シャツやニットなどのアイテムに取り入れるのもよいでしょう。

     

    本当は何着ていたって良いと思うんです。ただ、あまりに悩む人が多いのでこのサイトを参考にアドバイスしてみました。

    30代のおすすめファッション

    Tags: ,

  • 何を着たら良いのか迷う人がいるそうです。
    なんで悩むんですか?
    別に好きな服を着たらイイだけの話だと思うんですが、どうして着る服で悩むんでしょうか。
    悩んでいるなんて言うのは嘘なのかもしれません。
    悩んでいるのではなく、考えるのが面倒くさいだけなのだと思います。
    悩んでいるのか、分かりませんが、何を着たらいいのか分からない人にはマネキン買いをおススメしているそうです。
    何とまぁ考えなくていいアドバイスです。
    これはアドバイスを受けた人も嬉しいでしょうね。
    考えなくて良いのですから。
    ファッションというのはものの見方もありますが、カッコいいと思っていてきていても相手がどうとるかなんて言うのは難しいところなのです。
    カッコいいと思っていてきていてもみんな来ていたら凡百の徒なのです。

    Tags:

  • 性行為をすれば性病になる可能性は否定し切れません。

    だからと言って性行為をしないということもできませんが、この性病を予防するのかしないのか、または治療でどうにかするかというのは人のものの考え方です。

    セックスの時はコンドームを使っているから性感染症は大丈夫って思っているという人は危険かもしれません。コンドームをして挿入すれば性病にはならないというのは少し違います。
    そもそも性病の感染は人の粘膜と粘膜が触れることから感染するのです。

    性感染症は、オーラルセックスでも感染することがあるのをご存じでしょうか。
    オーラルセックスとは、唇や舌など、口腔を使って行う性行為全般のことを指します。
    厚生労働省の調査では、若いカップルの70%が性行為の際、オーラルセックスをおこなっているという結果が。
    そのうち、オーラルセックスの段階でコンドームを使用しているカップルは20%程度だそう。

    避妊や性感染症予防のためにコンドームを使用するのは、常識。
    という認識があっても、オーラルセックスに関しては無頓着という人、結構多いのかもしれませんね。
    性感染症といえば、性器から性器へ感染する病気というイメージがありますが、病原体は性器だけでなく、口の中や喉にも存在しているのです。
    性器に性感染症の原因菌を持っている人は、 10~30%の割合で口の中、喉からも原因菌が検出されるとの調査結果もあるので注意が必要です。

     

    気になる方は検査をしましょう。喉の検査だけというのも出来るみたいです。

     

    こちら→性病チェック

    Tags:

  • 自分を大切にする気持ちというものは自分をいつくしむことが出来なければ生まれない気持ちです。
    よく自分を大切にしろと言いますが、アドバイス自体は間違ってはいないと思います。
    しかし、自分を大切に出来ない人にとってはなにをどうすれば自分を大切に出来るのかということなのです。
    実際これはアドバイスとしては多分60点くらいなものです。
    100点のアドバイスというのはないかもしれないのですが、しかしもっと相手の心理状態から、生まれ育った環境などを考慮することも時には必要です。

     

    したり顔で世の中は悲しみと傲慢で満ちているという良い方をする宗教屋さんもいますが、しかし、生まれ育った今の時代が昔よりもさみしいかと言えばそんなことはありません。

     

    それはまるで貧乏だった時代のほうが満たされることが低くて幸せを感じるに楽だったと言いたいだけの話で、今の時代が決して悪いとは私は思えないのです。
    昔と比べたら今のほうが10倍は良いと思います。携帯はあるし、お金だって稼ぎやすい。
    そんなことも考えずに昔は良かった、未来は暗いとかいう宗教屋や老害はとにかくなにも分かっちゃいないのです。
    くだらない!
    人生なんて自分の思い描いた通りになるのだと思いませんか?

     

    ちょっとだけ宗教批判をします。
    周りの人間は何も見えてないとか、私たちが信じていることは蔑まれている。それは人間の心が醜くなったからだというイイ方をします。
    しかし、時代によって価値観というものは変化する訳ですし、必ずしも人間の心が醜くなったから受け入れられなくなったのではなく、その世界観がただ単に流行ではない、受け入れられるものではないというだけの話です。
    つまり宗教とはそれくらいのものです。
    科学が世界の在り様を解明する、もしくは科学的に説明できるようになってきたから迷信的な言い伝えというのは廃れていったということであって、宗教も科学も実はイイ方は違うが世界の在り様を言い表そうとしているだけの話です。
    科学は宗教なのか、それとも恒久普遍のものの見方なのか。
    ものの見方の一つだと思います。
    つまり言葉で表すと陳腐になりえるようなものを神というフィルターを通してさも重大であるようなイイ方をする。
    人が何を信じようが私の知ったことではありません。
    しかし、現実にものの見方をある人方向からしか見られない人生ははたして幸せなのでしょうか。
    もっといえば、神がいようといまいと自分の人生になんの影響があるのですか?
    祈りやお経を唱えようが唱えなかろうが、自分の人生になんの影響があると言えるのでしょうか?
    あってもなくてもそれは変わらない。
    変わる訳がない。
    影響があるとすれば、お経や祈りをささげなかったという事実に対して人がどう申し開きをするのか、というだけの話で、あくまで自分の中での話なのです。

     

    お経を唱えなかったから悪いことが起きた。
    祈りが届かなかった。

    そう考えたいあなたの心でしかないのです。

     

  • 未分類 19.08.2014 No Comments

    ものの見方というのは人生を現わす縮図だと思います。
    ものの見方によって人生が決まると言いきっても過言ではありません。
    たとえば踊るあほうに見る阿呆という言葉がありますが、これは何に対しても踊って楽しまなければ損をするという意味の言葉だと私は思っています。
    黙って見ているのか、それともそれを自分のものとして楽しむのか、それでも人生はかなり変わってきます。
    貪欲に生きたほうがどうしたって楽しいに決まっています。

     

    体のことは考えないといけないのですが、楽しんだものがちだと思いませんか?

     

    明日からやろうではなく、今日から初めてそしてすぐに変わるのです。
    徐々に変わるなんてことはないのです。

     

    今日変わると思ったらすぐにやらないと、徐々には変わらないわけです。